連絡事項

【連絡事項】インフルエンザ発症に伴う活動参加停止期間について

ご理解頂いているとは存じますが、念のために再度ご連絡致します。
以下ご確認願います。

インフルエンザと診断された場合は、当クラブも学校での出席停止期間と同じ扱いになります。チーム内で感染しないためにも必ず各ご家庭で再度認識してください。
宜しくお願い申し上げます。
(学校の先生によっては、課外活動の参加を認める方もおられるようですが、当クラブでは認めておりません。ご了承ください)

【インフルエンザ出席停止期間について】
インフルエンザに罹患した場合、学校保健安全法第19条に基づき、学校を休んだ日が出席停止の扱いとなります。平成24年度より出席停止基準が変更され、インフルエンザの場合は「発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで」と変更されました。これにより、「発症した後5日を経過」かつ「解熱した後2日を経過」の両方を満たす期間、登校する事がで きません。どんなに早く熱が下がってたとしても、最低、発症した後5日は出席停止となります。熱が下がった日によって、出席停止期間が延長していきます。発症日は、病院を受診した日ではなく、インフルエンザ様症状(38度以上の発熱等)が始まった日です。 病院受診時に、医師に発症日の相談、確認をして下さい。受診していない場合や、登校許可証が提出されない場合は、出席停止扱いになりません。処方された薬によっては、解熱が早い場合がありますが、ウィルスはまだ感染者の体内にあり、自己判断で登校した場合、学校での感染、流行が懸念されますので、必ず医師の判断、指示に従って下さい。