確認事項

【確認事項】カラダづくりについて

日頃よりMeisterSUMAFCをご支援頂き心より感謝申し上げます。
今回は、「本気の意識改革」ということで、「カラダづくり」について書きたいと思います。
できればではなく、必ず取り組んでほしい内容です。トレーニングの一環とする内容も掲載しておりますので必ず読んでください。

【サッカー選手と一般人の違い】
・1日に使われる体のエネルギー量が多い
・筋肉や血液が壊されていく
・発汗による水分・ミネラルの損失
・成長期はより多くの栄養が必要

【こんな課題はありませんか?】
以下の課題は、食事で変わることができます。
★5大栄養素とサッカーの関係★

[当たり負けする]
→ カラダづくり(タンパク質・脂質・ミネラル)
[怪我が多い]
→ カラダづくり(タンパク質・脂質・ミネラル)
[貧血気味]
→ カラダづくり(タンパク質・脂質・ミネラル)
[集中力が続かない]
→ エネルギー(炭水化物(糖質)・脂質・タンパク質)
[後半になるとバテる]
→ エネルギー(炭水化物(糖質)・脂質・タンパク質)
[疲れが取りにくい]
→ コンディショニング(ミネラル・ビタミン)

上記のように、「カラダづくりならこの栄養が大切で」「フィジカル強化なら・・」と、細かい内容を言い出すとキリがありません。毎日バランスの良い食事と睡眠時間の確保は必須になってきますが、各ご家庭それぞれが、毎回の食事の中で全てのバランスを考慮して作ることができるか・・それは決して簡単なことではないと思っております。なので今回は、Meister戦士たちの「カラダづくり」だけに注力し、練習前後の「間食」についてを徹底してもらいたいと思います。

【本気の意識改革(Meisterの約束事項)】
1、練習前には必ず炭水化物(糖質)を摂ってから練習参加してください。
(例:おにぎり・バナナ・100%オレンジジュースを1つ)
→練習中のエネルギー切れを防いでくれます。

2、練習終了後、クールダウンをする前に各自プロテインを摂ってもらいます。
→運動直後30分以内に摂ることで、使い果たしたエネルギーと壊したカラダの材料をとります。栄養補給しないと自らのカラダ(筋肉)を削ることにより、疲労回復が遅れる原因となります!!運動直後30分以内が勝負なので、練習や試合が終了後に素早くプロテインを摂り、解散後に捕食するタイミングがあれば、おにぎりやバナナなどをすかさず摂る事を推奨します。間食をしたから夕食を減らすというのではなく、帰宅後も夕食もしっかり食べ、早めに就寝する事が何よりも大切です。

運動直後は、プロテインではなくお弁当の方が良いのでは?と、いろんな案を出し合い検討しましたが、各ご家庭での負担や手間、炎天下での保管場所など・・様々なリスクも考慮した上でプロテインが一番効率良くスムーズに行う事ができると判断致しました。

今までのように練習後おにぎりを食べたい選手は、「プロテイン+おにぎり」の摂取を徹底してください。
プロテインには、おにぎり1つだけでは賄えない要素がたくさん入っておりますのでより効果的です。

プロテインの種類は、各ご家庭で購入してください。
推奨 → リカバリーパワープロテイン(森永)
詳細はこちらをクリックしてください。

プロテインは水に溶かして飲みますので、合わせてシェイカーも用意してください。
毎回必要な分の粉だけをシェイカーに入れ、練習に参加するする癖を付けてください。

購入費用が発生してしまうため本件の実行には非常に悩みましたが、全ては選手の成長の為だと考えております。ご賛同頂けない場合 もしくは 何かしらの理由でプロテインNGの方は、遠慮なく監督の大津までご一報ください。(別の案を検討致します)日頃から頑張っている選手達に「本気の意識改善」として、何卒ご理解ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。