スタッフブログ

【ブログ】綺麗な涙、格好いい涙。

日頃よりMeisterSUMAFCをご支援頂き誠に有難う御座います。
本日は兵庫県トップリーグの順位決定戦。1部10位のヴィッセル神戸Bさんと対戦し、勝利すれば1部昇格が決定する運命の1戦でした。緊張感が漂う空気の中、ウォーミングアップが始まりました。時間が経つにつれ…本当に驚くほど沢山の方々が蒼色を身につけ応援に駆けつけて頂きました。全学年の保護者の皆様をはじめ、兄弟や友人、親戚、学校の先生、OB、OB家族、スクール生、小学生、幼児運動教室でお世話になっている先生方、そしてスポンサーの皆様。どんどん増えて行く想像以上の人数に、正直驚いていました。本当に感謝の気持ちしかありません。ありがとうございました。これだけ沢山の方々のご声援に結果で応えることができなくて、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
今回1部に昇格することはできませんでしたが、選手たちは本当によく頑張ってくれました。前半は技術力が高い相手にペースを握られ、ボールを奪うことすらできない時間帯が続きました。後半はなんとかMeisterのペースで猛攻することができましたが…1歩も2歩も及ばすで…タイムアップ。本当に悔しい限りです。素直に相手は上手くて強かったです。
しかし、後半のあの反撃。見ている人を熱くさせてくれたあの時間帯。会場全体が「まだいける!」と強く願ったあの瞬間。あれこそがスポーツの素晴らしさだと感じています。格上の相手に対して、決して綺麗な攻撃ではなくても泥臭くもがき続ける。一瞬の隙を見つけ、全員でゴールを目指す。全員で守って全員で攻撃する。全員が叫んで仲間を鼓舞する。諦めかけた目が生き返り、必死になってMeister魂を出し続けてくれた選手たちに最大級の拍手を送りたいです。ワクワクさせてくれて本当に有難う。
試合終了後、本当に悔しい敗戦だったので、みんなが涙を流していました。ただ、すごくスッキリした顔で涙を流していた選手ばかりでした。私は歌い人でも詩人でもないので、一丁前な事は言えませんが、みんなの今日の涙が、すごく綺麗な、格好いい涙に見えました。やりきった証かもしれませんね。この涙を忘れずに、次のステージもやり切れる格好いい男になって欲しいと思います。

今日メンバーに入れなかったA2の選手たちは、相当悔しかったはずです。様々な思いが溢れ出したと思います。まずは、それでも最後までやりきってくれて本当に有難う。スタッフ全員が、みんなを誇りに思います。本当に感謝しかありません。フェニックスリーグが終了してから昨日の試合まで…モチベーションを保つことすら難しかったはずです。しかしみんなは頑張ってくれた。昨日のあの感動する試合は、今日の試合と同じぐらい、見ている人を感動させてくれた試合だと思います。切磋琢磨競い合った仲間とともに、Meisterでやりきったことを自信に、次のステージで頑張ってほしいと思います。

今日から受験モードに突入ですが、みんなのサッカー人生は終わっていないはず。休みすぎると復活が大変です。高校で活躍するためにも、しっかりとトレーニングに来るようにして下さいね。(受験が不安な選手は絶対に練習に来ちゃダメですよ笑)まずはひとまず…3年生のみんな、約3年間お疲れ様。本当に有難う!!

最後になりましたが、いつも温かく見守って頂いた保護者の皆様、本当に有難うございました。選手たちには、たくさん壁に打つかってもらいました。それを乗り越えることができたのは、間違いなく親御さんの温かいサポートのおかげだと思っています。スタッフを代表しまして、この場をお借りして深く御礼申し上げます。
今後の流れにつきましては、都度HPにてご案内致します。卒団式まで約5か月。引き続き宜しくお願い申し上げます。

*フォトギャラリーは後日掲載致します。

監督:大津直人