スタッフブログ

【ブログ】ドイツ遠征 2019

2019年3月22日〜3月29日新3年生8名、新2年生7名、計15名がドイツ遠征に参加致しました。

[1日目]
●PM / 試合観戦
ドイツ到着後、SV Gonsenheim U15 vs FC Kaiserslautem U15の試合を観戦。ドイツの球際の激しい攻防、試合中の鬼気迫る雰囲気に選手達はただただ圧倒されていました。

[2日目]
●PM / 試合観戦
ドイツ7部リーグに所属しているBASARA MAINZ(バサラマインツ)の試合を観戦。試合会場へ選手と一緒にチームバスに乗り、試合前の雰囲気を体感することができました。試合に臨む雰囲気を味わい、試合観戦中はチャンス、ピンチに声を出し応援する姿が見られました。1日目の育成の試合とは違い、大人の選手の球際の迫力やコーチングの迫力を目の前で見ることが出来ました。試合後は、勝利したバサラマインツの選手達と音楽を流し、一緒に盛り上がり貴重な体験になったと思います。

[3日目]
●AM / 1.FSV Mainz05 スタジアム見学
ブンデスリーガの選手達がプレーする芝生に触れ、ベンチに座り、選手達は大興奮でした。Mainzショップで、選手のユニフォームやチームのグッズを購入しました。初めてのドイツでの買い物に選手たちはドキドキした様子。緊張しながらレジを並ぶ姿がとても可愛かったです。

●PM / 練習試合
vs TS Schott Mainz U15 0-4負け
ドイツ到着後初めての練習試合。激しい攻防戦も臆することなくファイトしましたが…ボールを奪ってもすぐに失ってしまう。相手の素早いカウンターを止めることが出来ずに失点。初戦からドイツの厳しさを痛感する結果となりました。

[4日目]
●AM / 1.FSV Mainz05 トップチームトレーニング見学
ブンデスリーガのプレースピードの速さ、質の高さに選手達は釘ずけになりました。練習後はプロ選手と写真が撮りたい!と出待ち。まさかの…ボール、スパイク、キーパーグローブをプレゼントして頂き、選手達は大喜びでした。いつかプロの選手となり、子供たちに夢を与えられる選手になってもらいです。

●PM / 練習試合
vs 1.FSV Mainz 05 U15 0-12 負け
昨日の試合よりも球際、フィジカルコンタクトを強くタフに行こうと臨んだ一戦でした。迫力を持ってプレッシャーに行くも、巧みなボール捌きで逃げられる。粘り強く体をぶつけて守備するも、上手く腕やお尻使われて、相手にプレッシャーを感じさせることが出来ませんでした。ゴール前の崩し、カウンターの切り替えの速さ、枚数の多さ、防ぎきれない怒涛の攻撃…何点取っても、緩めない姿勢は全てにおいて完敗でした。

[5日目]
●AM / 1.FSV Mainz 05 U19コーチによるクリニック
初めて外国人に指導してもらう選手がほとんどでした。聞いたことのない言葉やコーチの口調に「えっ…怒ってるの?」っと感じた選手もいましたが、時間が経つにつれて、いつもの調子でトレーニングを行っていました。求められることが細かく、考えてプレーできない選手はついていくのに精一杯でした。いつもより緊張感を持ち、神経を使いあっという間の時間でした。このレベルで日々のトレーニングにも臨んで欲しいです!

●PM / 練習試合
vs 1817 Mainz U15 3-7 負け
ドイツでの2試合を経験して、選手達は球際を激しく行くことが出来、身体の使い方など、相手の技術を盗んで体現する選手もいました。全選手が勝つ為に、最後の最後までハードワークし戦う姿勢を見せてくれました。結果、3戦0勝3敗と勝利することはできませんでしたが、ドイツ遠征で感じた事を日本に持ち帰り、自分のモノにしてチームで活躍してくれることを願います。

[最終日]
宿舎を出る前に近くのスーパーで買い物をしました。国内組の仲間の為、家族の為、中には彼女の為!?大量のお土産を購入していました。
宿舎へ戻る道中に、「スーツケースに収まるかな?やばい!23kg超えてまいそう…」と焦る選手たち。なんとかスーツケースとリュックに収める事に成功。良い意味で子供らしさがあって面白い場面でした。空港に向かう時には、「あと、2.3日ドイツに居たい」「もー日本に帰るのか〜」と話ししている選手達がいました。多くの刺激が、選手達の充実に繋がったと思います。

今回の遠征で、各選手達の「基準値」が上がった事は間違いありません。あとは国内での活動でどれだけ意識高く継続できるかが大切になってくると思っております。参加してくれた選手達の進化に期待です。最後になりましたが、ドイツ遠征に送りだして頂いた保護者の皆様をはじめ、多くの関係者の皆さまに心から感謝申し上げます。本当に有難う御座いました。
今後ともMeister SUMAFCを宜しくお願い申し上げます。

コーチ 菊本恵司