スタッフブログ

【ブログ】A1チーム 「誇りと責任」

日頃よりMeisterSUMAFCをご支援頂き誠に有難う御座います。
今回のブログは、チームの代表であるトップチームの現状報告です。3年生が悔し涙を流しながら引退していく姿を間近で見ていた2年生。2年生は全員心の中で「来年は俺たちが」と決意を決めた瞬間だったと思います。私は、その選手たちの決意を「一時だけの感情に終わらしたくない」と感じました。笑って引退ができるように、そして目標である関西大会出場に向け”本気の集団を作り上げる”ための”意識改革”が必要でした。いつも練習時に選手へ問いかけます。「どんなチームを目指してるの?」「何が大切なの?」「それで関西行く気なの?」「俺がやるの?お前たちのチームじゃないの?」最初は少し緊張気味で、わかっていてもうまくしゃべれない選手、わかっていない選手など…「それがお前たちの本気なのか?」と、私から喝を入れられる日々が続きました。チームのコンセプトを理解できていない選手は、チーム内競争に付いていけません。また、自分の想いや考えを人に伝えれない選手は、試合には出れません。毎回徹底しているサッカーノートで選手の理解度や本気度、そしてチーム状況をどう感じているのかなど…ピッチ内で話すこと以外に、多感な時期の選手たちが、口では言えない本音も書けるようになり、少しずつ選手たちの意識が上がって行くのを実感しました。チーム内で指摘し合える空気を作れる選手が出てきたので、毎回の練習がかなり激しくできています。新人戦メンバーに入るため、そしてレギュラーになるためにチーム内競争に全員がギラギラしています。やる時は全力でやり、遊ぶ時は全力で楽しむ。それがMeisterが目指すカラーです。それを体現してくれる選手たちに感謝しています。しかし、本気で関西を目指すなら…やるべき事が山ほどあるのも現状です。まずは新人戦で自分達の立ち位置を確認。そこからトップリーグ開幕に向け、チームを強化していきたいと思います。このチームはまだまだ強くなれる。私はそう確信しています。保護者の皆様には、グラウンドの上で必死になって戦ってくれている選手たちを、どうか温かく見守ってあげてください。そして、下を向いている選手には、「諦めたらそこで試合終了ですよ」とスラムダンク級の名言を教えてあげてください!!今ではなく “最後のピッチに立つために…” 全員で戦い続けたいと思います。チームの代表である誇りと責任を胸に、さらなる進化に期待です。
監督 大津直人