スタッフブログ

【ブログ】後悔しない3年間を。

いつもMeisterSUMAFCにご支援頂き誠に有難う御座います。監督の大津です。今回のブログはチーム活動の報告ではありませんが、もしよければ読んでください。
 先日、私の指導者仲間が突然この世を去りました。急性骨髄性白血病です。タバコも吸わずお酒も飲まず、家族と仕事に命を懸けていた熱い男が、突然の病気でこの世を去りました。彼は私よりも3つ上の先輩で、A級ジェネラルというサッカー指導者ライセンスを受講していた時の仲間です。A級ジェネラルの資格を取得するためには、約1年間かけて準備と勉強が必要になります。1週間泊りがけの受講が3回あり、生まれも年も全く違う初めての方と同じ部屋に泊まり、サッカー漬けの毎日。1日中プレーするだけでなく講義や試験もたくさんあるので、みんなが心身ともにボロボロになる中、同じ志を持つ受講仲間と支え合いながら日々指導を学びました。私が受講したコースは本当に素晴らしい人間性の持ち主ばかりでした。指導者としてレベルアップするためには、指導力の向上が必要。だけど一番大切なのは人間力なんだな・・・と強く感じさせられました。そう感じさせてくれた人でした。優しくて、周りのことばかり気にして、だけど自分の考えをブレずに持っている男です。緊張した顔で両手を大きく広げながら実技テストを受けていた彼の姿が頭から離れません。この人とは一生の付き合いになると思い、必ず再会しようと約束をしていましたが…2度目の再会がこのような形になるとは…日帰りで彼の地元鹿児島に向かい、お別れしてきました。悲しくて仕方ありませんが、他の受講仲間がこう言っていました。「悩んだ時は空を見ろ。あいつが天国からアドバイスをくれるぞ」と。僕もそうしたいと思います。心強い仲間が私を、そしてMeisterを見守ってくれています!!
先日のトップリーグ第3節のアップ前には、今回の話を選手達に伝えました。「人間いつ死ぬかわからない。明日死んでも後悔しないと思えるような戦いを見せて欲しい」「この1試合に全てを賭けるつもりで戦って欲しい」負けが続いて自信を失っている選手達でしたが、アップから今まで見たことのないような集中力の高さで、キックオフした瞬間から素晴らしい入り方を見せてくれました。止まらない運動量だけでなく、みんなで声を掛け合い、チームが1つになっていました。中学生である子供達に、仲間の死の話しをするのはいいのかな・・・と悩みに悩んだ結果で話しをしましたが、子供達の戦う姿に心を打たれました。この話が無くても、きっと頑張ってくれたんだと思います。だけど私は本当に嬉しくて仕方ありませんでした。感謝です。まだまだ成長段階の選手達と共に、今を一生懸命生きたいと思います。そして!!大好きなサッカーができているのは支援してくれている親のお陰であることを忘れさせてはいけません。親への感謝の気持ちを、感動で返せるように、日々全力でサッカーに向き合ってもらいたいと思います。今後ともMeisterSUMAFCを宜しくお願い申し上げます。