スクールニュース

【ニュース】雷事故の防止について

日頃よりMeisterSoccerSchoolをご支援頂き誠に有難う御座います。
今回は、雷事故の防止についてご連絡申し上げます。

「雷の特性」
雷雲(入道雲のような積乱雲や頭上に厚い黒雲が広がる場合)は、10分間ぐらいで急成長し(全寿命はおよそ45分)、4~7kmの背丈のものが時速5~40kmという高速で移動します。そのため、いつ、どこに落雷が起こるか予測は困難です。
どんなに遠くても、かすかにでもゴロッ(雷鳴)またはピカッ(雷光)を認識したら、すぐにでもグラウンドに落雷する危険があると考えて対処しなければなりません。

以上を踏まえて、雷による中止の決定につきましては、以下の通りと致します。

(1)
スクール活動中に雷鳴や落雷等の予兆があった場合は、現場の担当コーチの判断により、速やかにスクール活動を中止し、危険性がなくなると判断(原則、雷鳴・雷光を認識してから約30分)されるまで、安全な場所に避難する事と致します。
[安全な場所 → 1.クラブハウス 2.車内]

(2)
スクール活動中に雷鳴や落雷等による危険性の回避が難しいと判断した場合、現場の担当コーチの判断により、当日のスクール活動を即中止する事と致します。

(3)
いずれの場合も中止になった時点で、HPの連絡事項にてご案内致します。

子供達の安全を第一に考えて判断させて頂きます。
何卒ご理解ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。